カンクンで沈潜ダイブ

 2016年のカンクンでのダイビングは沈潜で幕を開けました!

 

カンクンの沈潜ダイブは大物と出会えるので、潜ってて非常に楽しいダイビング!はてさて、今回はどんな大物に会えるのか楽しみです。

 

沈潜ダイブはディープダイブになるので、アドバンス以上のライセンスが必要になります。カレント(潮の流れも強く、エントリーで失敗してしまうと辿り着けなくなることもあるので気を付けないといけません。

 

潜行ロープを使って潜行するのか?それともフリー潜行でポイントまで移動するのか、綿密なブリーフィングが必要になるので、注意して聞きましょうね。

 

 今回はロープを使っての潜行となりました。耳抜きをしながら徐々に潜行していきます。

 潜行が終了すると、見えてきました。沈潜です。カンクン周辺の沈潜はメキシコ軍が所有していた退役した軍艦を沈めています。 ところどころに部品が散乱していたりします。 水底も流れが強いので船の側面に身を寄せながら、徐々に船の中へと入るために船尾へと移動していきます。

 おっと!いきなり大物の登場です!船底の隙間にナースシャークが潜んでいました!夜行性で小型の魚を好んで捕食しています。攻撃性はなく、非常におとなしいサメです。とにかくカワ(・∀・)イイ!!この上ない!

 やっぱりこういう大物に簡単に出会えてしまう沈潜ダイブは楽しいですね。

 沈潜の側面には、たくさんの魚が群れています。正直魚の群れに突っ込むような感覚です。

船の中にもウジャウジャ魚がいます。

 浮上を開始していくと、マダラトビエイが群れを作って旋回してました。まるでお別れのセレモニーの様に私たちの下をグルグルと回り続けていました。 ロープを手繰りながら、安全停止をとって浮上します。

 

 流れもキツイので、絶対にロープから手を離さないようにしないといけません。

 

 今回の大物狙いの沈潜ダイブはこれにて終了です。天気も良く波も穏やかでディープダイブをしている間隔を忘れてしまいそうなそんな1日でした。

皆さんもカンクンに訪れた際は、沈潜ダイブに行ってみませんか?

カンクンダイビングアクアプリで行くことが出来ます。